“Prinergy VME with Managed Services”の導入により、Kodakは現在、microsoft Azureクラウドコンピューティングプラットフォームを介して仮想化されたサブスクリプションモデル(完全なサービスを含む)の形でプリプレスワークフローソフトウェアを提供しています。 このオファーは北米でのパイロットテストで証明されており、最初のヨーロッパの顧客はすでに”ライブ”しています。

ホストされた仮想化ワークフロー環境を備えたクラウドプリント

Prinergy VME(Virtual Machine Engagement)では、すべてのKodak print shopのお客様の仮想化Prinergyソフトウェアが、実績のあるMicrosoft Azureプラッ “マネージドサービス”の一環として、コダックはシステム管理、24時間年中無休のセキュリティと運用の監視、アップグレード、トラブルシューテ

このように、ビジネスクリティカルなプリプレスソフトウェアの動作は、365日(最大可用性)、クロック周りに確保されることになっています。 コダックによると、それはそのケアでシステムの世話をし、データのバックアップは、密閉セキュリティ、高速な災害復旧とビジネス継続性を確保する必

お客様は、本番サイトで独自のローカルサーバーを運用、管理、保守する必要がなくなり、セキュリティを確保するなど、クラウドソリューションのよく知られた プリントショップは、ITインフラストラクチャを合理化し、システムの運用コストと制限を取り除くことができますが、すべての問題でサブスクリプシ

コダックによると、北米でのパイロットテストプログラムが成功した後、多くの顧客がすでにそこで”Prinergy VME with managed Services”を使用しています。 Wilco Printing&Binding in The Netherlands(Amersfoort)では、ヨーロッパの最初の顧客もサブスクリプションモデルを使用しており、既存のサーバーインフラストラクチャを置き換えています。 とりわけ、オランダで”Prinergy Vme with Managed Services”を使用する主な理由の一つは、サイト上のサーバー環境と比較して柔軟性が高く、投資収益率が高いことですが、データセキ