収益は、”商用車”または”社用車”を”雇用の理由により従業員が利用できるすべての車またはバン”と定義しています。

車両の種類に関する定義は具体的であり、特定の車両が分類されるカテゴリに応じて税金への影響があります。 以下は、Revenue’s guidelinesの車とバンの定義です(バンには運転席の後部に屋根付きの部分に座席がないことに注意してください)。

  1. ‘車とは何ですか?’

“自動車”とは、運転者または運転者および一人以上の人の運送のために設計、構築または適応された機械的に推進された道路車両であり、

·オートバイ(すなわち、四輪未満で重量が410kgsを超えない機械的に推進された車両)、
·バン、または
·自家用車として一般的に使用されておらず、そのように使用するのに適していない車両(トラックやバスなど)を除く。
自動車の定義には、410kg以上のオートバイが含まれています。 雇用者が410kgs未満のオートバイの使用を従業員に提供する場合、このマニュアルの規定は適用されません。 第119条(4)(b)は、代わりに、オートバイの使用の年間価値は、それが最初に雇用者によって任意の従業員に利益として提供されたときにオートバイの市場価値の5%であることを規定している。
その後の車両の適応は、車両がもともと一人以上の人の運送のために設計され、建設されたという事実を変えるものではない。 そのため、車両は税務上の目的のために車のままになります。

“バン”とは何ですか?

バンは機械的に推進された車両です。–

  • 物品の運送その他の負担のためにのみ、または主に設計または建設されたものであり、
  • は運転席の後部に屋根付きの領域または領域を有し、
  • はその屋根付きの領域または領域に取り付けられた側窓または座席を有しておらず、
  • は車両総重量が3,500キログラムを超えないものである。

バンが基準を満たさなくなるように適合している場合(後部座席が装着されている場合など)、車両は現物利益のためにバンとみなされる基準を満た したがって、車両は車として扱われ、それに応じて課税給付が計算されるべきである。

クルーキャブなどの類似のタイプの車両が上記のすべての条件を満たしている場合、それは車ではなくバンとみなされます。

車両現物給付の計算に関しては、車とバンには異なるルールがあります:
車両の使用に関する現物給付は、
·車両の給付に相当する現金相当額
·車両の提供または運転の費用に関して従業員が雇用主に支払った金額
現金相当額
自動車の給付に相当する現金相当額は、自動車の元の市場価値(OMV)の30%に等しい。 バンの利益に相当する現金は、バンの元の市場価値(OMV)の5%に相当します。 現物給付=(OMV x現金相当額)従業員によって良い作られたより少ない金額

したがって、車としての資格とバンとしての資格を区別することが重要です。

現物給付のルールを考えると、ランドローバーがバンであることの基準を満たしていることが重要です。 それ以外の場合は、毎年車両の元の市場価値の30%の種類の利益をもたらす可能性があります。

商用車?

現物給付

ランドローバーを個人的に使用する場合(時折のみであっても)、現物給付給与を処理する必要があります。

それが商業用ランドローバーである場合(すなわち、収入のルールに基づいたバン、必ずしもモーター税に基づいていない、モーターディーラーが言うことなど)、現物給付は年

商用車でない場合は、ビジネスマイルに応じて、現物給付は年率30%までにすることができます。

現物給付は、ランドローバーが最初に購入されたときのランドローバーの当初の市場価値に基づいて計算されます。

たとえば、ランドローバーがバンの定義を満たし(下記参照)、当初€50,000の費用がかかる場合、現物給付は€50,000×5%=€2,500になります。 これに対する税金は約50%、すなわち€1,250になります。 この税金は毎月給与明細から差し引かれます。

(両方の現物給付率は2023年1月1日から変更されることに注意してください。 商業率は8%になり、非商業率はCO2排出量にリンクされます。)

More(電気自動車を含む)

走行距離の請求

収益のガイドラインでは、毎日同じサイトに旅行することは、あなたの職場への旅行とみなされるため、走行距離として請求することはできないと述べています。 このオフィスから別のサイトに移動する必要がある場合は、それが許容されるはずです。

したがって、走行距離が許容されない場合は、社用車を検討する価値があります。 会社はそれから車のすべての運営費用の支払をすることができる。 しかし、車のための現物給付のルールは、それが社用車を持っている費用対効果ではないことになることができます。

社用車を持っていて、個人的に(たまにしか)使用する場合は、給与の現物給付が必要になります。 現物給付の内訳については、上記を参照してください。

資本手当(消耗)も€24,000(または車がCO2効率的でない場合はそれ以下)に制限されています。

これは一般的に、特に中古車のために、社用車を持っている価値がないことになります。

しかし、他に二つのオプションがあります:

  • 電気自動車–現在現物給付0%(少なくとも2022年まで)
  • バン-現物給付5%(2023年には8%に増加)。 それは背部等の座席がない適切な商用車である必要があります。


私たちは、あなたが必要とする会計サービスと私たちのチームがあなたを助けることができる方法を議論することができます義務の

今すぐ会議を予約

フィデリアチーム