dllファイル情報

FreeCause Toolbar
として知られているプロセスは、ソフトウェアAddThis ToolbarまたはDogpile Bundle ToolbarまたはGamers Uniteに属しています! Snag BarまたはToolbarBrowserまたはBucksBee Loyalty Plugin-SoftonicまたはSocialRibbons(version LP1,LP5)またはBucksBee Loyalty Plugin-OpenInstallまたはShopping4CausesショッピングプラグインまたはNectar Search ToolbarまたはFreeCause ToolbarまたはInboxDollarsまたはDogpile Toolbar
by ToolbarBrowser.com または貯蓄アプリ。

説明:ツールバー。dllは、Windowsのために不可欠ではなく、多くの場合、問題が発生します。 ツールバー。dllファイルは”のサブフォルダにありますC:\Program ファイル(x86)”(通常C:\Program ファイル(x86)\AddThis Toolbar\またはC:\Program ファイル(x86)\Dogpile Bundle Toolbar\)。Windows10/8/7/XP上の既知のファイルサイズは、1,624,576バイト(すべての出現の16%)、1,610,752バイトと37以上の亜種です。https://www.file.net/process/toolbar.dll.html
これ。dllファイルは、webブラウザを起動するたびに自動的に実行されるブラウザヘルパーオブジェクト(BHO)です。 BHOは、ブラウザ自体の一部としてファイアウォールによって識別されるため、パーソナルファイアウォールによって停止されることはありません。 BHOは、アドウェアやスパイウェアによってよく使用されます。このBHOで使用されるidには、CBF3FDCAが含まれます-6104-1864-D931-D737D2BFC202またはBFE4B5CB-63F7-4A51-9266-6167655D5B4Fまたは34より多くの変形。プログラムには可視ウィンドウがありません。 これはWindowsシステムファイルではありません。 ツールバー。dllファイルは、webブラウザを監視することができます。 プログラムの説明はありません。ツールバー。dllは、キーボードとマウスの入力を記録し、アプリケーションを監視することができます。したがって、技術的なセキュリティ評価は57%危険です; しかし、あなたはまた、ユーザーレビューを読む必要があります。

このバリアントのアンインストール:Windowsコントロールパネル/プログラムの追加と削除(Windows XP)またはプログラムと機能(Windows10/8/7)から、AddThis ToolbarまたはDogpile Bundle Toolbarソフ

推奨:ツールバーを識別します。dll関連のエラー

Tony Kleinからの外部情報:

  • このBHO(ツールバー。dll)はSubmitWolfに関連しています

重要:いくつかのマルウェアは、ツールバーとして自分自身を偽装します。dll。 したがって、ツールバーを確認する必要があります。それは脅威であるかどうかを確認するために、あなたのPC上のdllプロセス。 FreeCause Toolbarがブラウザの検索エンジンとスタートページを変更した場合、ブラウザのデフォルト設定を次のように復元できます。

Internet-Explorerのデフォルト設定をリセット▾

  1. Internet Explorerで、Alt+Xキーの組み合わせを押して、ツールメニューを開きます。
  2. インターネットオプションをクリックします。
  3. 詳細設定タブをクリックします。
  4. リセットをクリックします。.. ボタン。
  5. 個人設定の削除オプションを有効にします。

これにより、Internet Explorerが既定の設定にリセットされます。 お使いのブラウザは、おなじみのスタートページと検索エンジンで開始されます—ポップアップなし,広告,クッキー,しかし、すべてのブラウザのアドオセキュリティタスクマネージャを使用して、ブラウザとコンピュータを簡単かつ安全に